スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは確認するまでも無く 

国際派でもなんでもないJuilletさんです。こんばんは。
ログインもままならない位忙しいけど、それはまた別の話。
今宵は翻訳サイトで遊ぼうと思います。


 * * * 

ご存知の通りJuilletさんは英語が得意ではありません。
すると翻訳サイトに頼りがちになってしまいます。たぶん。
しかし、翻訳(日→英)>翻訳(英→日)の連携なんかすると
原形をとどめなくなることもしばしば。
(それはそれで楽しいのですけどね。)


そこで、(本来なら複数試すところでしょうけど、生憎時間とスペースが無かったのです)
実際に翻訳連携を試してみました。


 * * * 

テキストは以下の通り。


ルルデ噴水前で開かれた「モンクは馬鹿じゃない」大会に、全国から4000人のモンクが集まった。

 「今日、私たちは全世界に向けて『モンクは馬鹿じゃない』ことを証明するため、ここに集まりました。
 では、どなたか舞台に上がっていただけませんか?」。
 大会委員長のこの言葉に、群衆の中から 一人のミスラモンクがおずおずと進みでて舞台に上がった。
 委員長がたずねる、「15+15 はいくつですか?」。
 ミスラモンクは、10 秒か 20 秒考えて言った。

 「じゅうはち」 。

 4000人のモンクたちは明らかにがっくり来たようすだったが、みんなで声援を送り始めた。
 「もう一回 !!、もう一回 !!、もう一回 !! …」。
 この声援に応えて委員長がいった。
 「今日まで私たちは苦労に苦労を重ね、やっと4000人の皆さんをここにお迎えすることができました。
 世界中のヴァナディール・トリビューンの記者たちが 取材に来ています。
 そこで、彼らにもう一度チャンスを与えてもいいと思います」、そう言ってまた尋ねた。
 「5+5 はいくつですか?」。
 今度は 30 秒近くも考えてミスラモンクが答えた。

 「きゅうじゅう」 。

 委員長は困ったような顔をしてうつむき大きくため息をついた。会場の意気も上がらない。おまけにミスラモンクは泣き出してしまった。
 しかし、これを見た4000人のモンクたちは両手を大きく振りながら叫び始めた。
 「もう一回 !!、もう一回 !! …」。このまま進むと取り返しのつかないことになるのではと心配した委員長だったが、とうとう口を開いた。
 「OK! OK! それじゃあ、もう一度だけ…。2+2 は?」。ミスラモンクは目を閉じ、ゆうに 1 分は考えてこう言った。

 「よん?」

 スタジアムは大騒ぎになり、4000人のモンクたちは弾かれたように立ち上がり、みんなで両手を大きく振り始める。
 そして、足を踏みならしながら叫んだ。

 「もう一回 !!、もう一回 !!、もう一回 !!、…」



有名(?)なお話ですね。
さて、先生!頼みましたヨ!

 
 
 

Monk of 4000 people gathered from the whole country in "Monk is not foolish" rally held
in front of the Llde fountain.

「We gathered in here to prove 'Monk was not foolish' aiming at all parts of the world today.
Then, could you go up to the stage someone?」。
It went up in this word of the rally chairman, and Misramonc of one person advanced timidly and
it went up to the stage from among the crowd.
How many is does the chairman look, and 15+15 .."..?".
It said by thinking for 20 seconds whether Misramonc was ten seconds.

"".

It began to cheer all though 4000 person Monk started in life to come obviously discouraging.
「Another times, another times, and another times, etc.」。
The chairman said in compliance with this rooting.
「We suffered one hardship after another, and were able to invite you finally 4000 here until
today. Journalists of Vanadel Tribune all over the world have come to cover. Then, I think that
you may keep the door open to them again. 」、It said so and it asked it again.
"How many is 5+5?"
Misramonc answered by shortly thinking this time for 30 seconds.

Moxa cautery .."..".

The chairman had an embarrassed face, looked down, and sighed greatly. The morale of the hall doesn't go up either. Additionally, Misramonc has begun to weep.
However, 4000 person Monk who had seen this began to shout while greatly shaking both hands.
「..one.. another time and another times, etc.」。The mouth was opened at last though it was a chairman who worried irreparable when advancing as it is.
"Only one more time OK OK it … . 2+2. "Misramonc shut eyes, and one the minute was said by thinking so.

"?"

The stadium becomes a fuss, and 4000 person Monk stand up as played, and begin to shake both hands all greatly.
And, it shouted while stamping one's foot.

「Another times, another times, and another times, etc.」










m7_a.gif …Four?

先生!もう一回!もう一回!










4000人の人の僧は、「僧は愚かでないところ」の全の国から集会がLlde噴水の正面で成立したと推測
しました。

「私たちは、'僧は愚かではありませんでした'と立証するために今日世界各地を向けながら、ここで集まりまし
た。
そして、だれかを舞台に上がってくれますか?」。
それは集会議長のこの単語で上がりました、そして、1人の人のMisramoncは恐る恐る進みました、そして、群
衆からの舞台に上がりました。
「いくつがあるかが+15に議長外観、および15をします。」?".
20秒間、Misramoncが10秒であったかどうかと思うことによって、それは言いました。

"".

4000年の人のマンクは人生で明らかにがっかりするようにすべてなり始めましたが、それは励まし始めました。

「別の時、別の時、および別の時」など。
議長はこの応援に従って言いました。
「私たちは、苦労に苦労を重ねて、あなたを招待することができました。最終的にここの今日までの4000。 世
界中のVanadelトリビューンのジャーナリストはカバーに来ました。 そして、私は、あなたが再びそれらにチ
ャンスを与えることができると思います。 」Itはそのように言いました、そして、それは再びそれを尋ねまし
た。
「いくつが+5に5ですか?」
Misramoncは、今回まもなく30秒間、思うことによって、答えました。

「きゅう」、」

議長は、困惑している顔を持って、下を見て、大いにため息をつきました。 ホールの士気は上がりません。 さらに、Misramoncは涙し始めました。
しかしながら、これを見た4000年の人のマンクは両手を大いに震動させている間、叫び始めました。
「1 別の時と別の時」など。進むとそれが修繕できないのですが、だれが心配したかが、議長でしたが、口はついに開かれました。
「もう一度だけ、OKは….2に+2にそれを承認します。」 「Misramoncは目、および1つを分がそのように思いながら言われた閉じます。」

"?"

スタジアムは大騒ぎになります、そして、プレーして、両方を震動させ始めるときマンクが待ちぼうけをくわせさせる4000年の人はすべてを大いに手渡します。
そして、それは人の足を押し込んでいる間、叫びました。

「別の時、別の時、および別の時」など







mg.gif …別の時!別の時!および別の時!


結果:微妙なセリフが難しいらしい。言いたいことはなんとなく判る。
時間もないのになにやってんだか(´∀`)

コメント

ちょwww笑い死ぬwww

別の時!別の時!および別の時!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まぁ、あれだ。
何も言わずに、やほー検索で
ぬるぽを英→日翻訳するんだ(・ω・)

ガッ

…えっ!?

コメントの投稿















← 非表示にする場合チェックしてください

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。